TXP Medicalの使命

複雑性の高い医療現場に
テクノロジーを導入し、
データに基づく意思決定を
当たり前にする。

ひとつひとつの現場にとどまる情報を
テクノロジーで繋いで、
医療業界全体の基盤をつくる。

データを現場から現場へ、そして患者へ、
社会へと繋ぎ、
その循環が人々を救う大きな力に。

現場で救えなかった命を、医療システムで救う。

医療データの分断が起こす、
医療現場を取り巻く患者、医療者、社会が抱える3つの負担

患者に関するデータが
閉ざされている

医療データの分断は患者へ重複診察・重複質問等の負担のみならず、医療関係者間での情報の受け渡しに膨大なコストが生じています。
医療データをクラウド上で一元管理することにより、病院同士でスムーズに情報の受け渡しを行うことを可能にします。また、そのデータを患者自身に返すことで、患者は自分のデータを常に保持しておくことが可能となります。

待ち時間の長い病院

病院の時間外外来では、実際に来院した患者さんの症状に応じて行き当たりばったりの対応が繰り返されるため、長時間待つことが多い非効率な状態となっています。
患者病状と、医療機関の混雑状況、人的リソースを相互に見える化することにより、患者・医療者双方にとって効率的なオペレーションの構築が可能となります。

データに基づく意思決定の不在

救急医療は病院と社会との結節点であり、社会インフラの根幹です。患者を少しでも早く病院に送り届けることが至上命題である一方で、データの不足により医療提供後のアウトカム評価が実現できない状況です。
データに基づく意思決定を当たり前にしていくことで、救急医療における「スピード」だけでなく患者アウトカムも向上させる世界を目指します。

病院向け製品

救急システム

オンコロジーDBシステム

臨床研究システム

救命センタークラスの病院で圧倒的シェアを
誇る、カルテ入力業務支援と研究支援を
両立する統合プラットフォームです。

ICU患者情報ダッシュボードを中心とした「NEXT Stage ICU」は、ICUでの業務効率化と研究ニーズの両立をサポートします。

救急隊に音声コマンドや画像OCRで患者情報入力できる
モバイルアプリを提供、救急患者の情報をクラウドにて情報連携することで、
救急隊と病院間の情報連携をスムーズにするシステムです。

セルフ問診システム

患者さん自身のスマホ・タブレットで入力し
電子カルテへの取り込み、問診項目の
カスタマイズが可能なセルフ問診システムです。

医療機関において林立する診療科独自のデータベース(通称:医局DB)を高度化した、新たなデータベースシステムです。

EDC構築運用サービス

EDC(Electronic Data Capture)は臨床試験におけるデータ記録や症例登録をオンライン上で行うシステムです。研究に精通した医師がEDC構築をリードし、OCRやCSVデータインポート等、研究ごとに最適な機能を構築します。

自治体向け製品

救急隊に音声コマンドや画像OCRで患者情報入力できる
モバイルアプリを提供、救急患者の情報をクラウドにて情報連携することで、
救急隊と病院間の情報連携をスムーズにするシステムです。

新型コロナ患者入院調整システム

クラウドベースの新型コロナ感染患者の状態把握、入院調整支援システムです。従来ホワイトボードとFAXを用いて行われていた入院調整本部における煩雑な調整業務の電子化を、救急医療で培ったノウハウを生かしたアジャイル開発で実現しました。山口県(YCISS)、徳島県(T-CAREシステム)の導入事例があります。

製薬業界向けサービス

急性期治験支援サービス

急性期疾患の治験に対し、NEXT Stageシリーズを活用した症例登録を加速するサービスです。主に医薬品・医療機器メーカー、CRO、医師主導治験を対象に提供しています。

臨床研究支援サービス

全診療科を対象にした構造化カルテテキスト+検査値+DPC+を用いた医療実態調査やデータベース研究の支援を行います。

役員紹介

代表取締役医師

園生 智弘

東京大学医学部卒業。東京大学病院、日立総合病院で主に救急集中治療の臨床業務に従事。救急科専門医・集中治療専門医。
臨床業務の傍ら、急性期向け医療データベースの開発や、これに関連した研究を複数実施。英文原著論文 34本(2020年9月時点)。自身で開発した救急医療情報システムNEXT Stage ERを中心に事業化し2017年8月、TXP Medicalを創業。
医療現場における適切なITの活用に関して学術界・産業界に積極的な発信を続けている。

取締役COO
(Chief Operating Officer)

恩田 淳

早稲田大学理工学部卒業。アクセンチュア戦略グループ及びアナリティクスグループにてモバイル・医療機器・官公庁・エネルギー業界を中心とした事業戦略やオペレーション改革、ビッグデータ関連のプロジェクトに従事。その後、JMDCにて主に生保業界や医療保険者を対象とした新規事業の開発や医療ビッグデータ解析プロジェクトをリードした後、現職。

取締役

大熊 一毅

慶應義塾大学法務研究科卒業。司法修習を経て弁護士登録。スタートアップから上場企業までの幅広い業種の企業法務を担当する。上場前後のベンチャー企業のM&Aや新規サービスの法的リサーチに強みを持ち、法に基づく革新的な事業の推進に注力する。

CSO
(Chief Scientific Officer)

後藤 匡啓

福井大学医学部卒業。同附属病院救急部にて研修。Emergency Medicine Alliance・Japanese Emergency Medicine Networkのコアメンバーとして活動。救急専門医取得後、ハーバード大学公衆衛生大学院修士課程(2016年卒)ならびにマサチューセッツ総合病院救急部にて3年間臨床研究に従事。帰国後は東京大学大学院臨床疫学経済学講座にて研究活動を行い、現在TXP Medical社のCSOとしてデータ解析や臨床研究の指導を行っている。

社外取締役/伊藤忠商事株式会社
フロンティアビジネス部長

浅野 哲也

京都大学文学部卒業後、伊藤忠商事入社。システムインテグレーター出向、ニューヨーク駐在、健康管理サービス会社出向、医薬マーケティング会社出向(取締役)、情報・通信部門企画統轄課長、情報産業ビジネス部長を経て、2022年4月より現職。入社後一貫して、IT・ヘルスケア領域での事業開発・投資、経営企画に携わる。

社外取締役/UTEC プリンシパル

小林 宏彰

東京大学医学部卒業。東京大学附属病院等での救急集中治療の臨床業務に従事。救急専門医取得。2014年に創業期の医療機器スタートアップに参画し国内外での事業立ち上げを推進。2018年に米国ミシガン大学経営学修士(MBA)を取得後、2019年UTECに参画しライフサイエンス・ヘルスケア領域の投資を担当。

監査役/UTEC 取締役・パートナー

坂本 教晃

東京大学経済学部卒業後、経済産業省入省。2008年経済産業省退官、ファミリービジネスである流通事業会社のマネジメントを経て、コロンビア大学経営学修士(MBA)。McKinsey&Companyのマネージャーを経て、2014年8月にUTEC参画。2015年 NEDO TCP の最優秀賞及び優秀賞採択案件や2016年 経済産業省 IoT Lab Selection グランプリ案件をサポート。アントレプレナーシップ・チャレンジ2017において最優秀賞をサポート。

ADVISER

顧問

片柳 眞一郎

慶應義塾大学法学部政治学科を卒業。日本セメント(現太平洋セメント)で海外事業の営業部門でキャリアを積み、1991年山之内製薬(現アステラス製薬)に転職。経営企画部門・財務部門を経た後、欧州に駐在、欧州本社で経理、財務、管理体制構築業務等を経験。2001年に帰国後は藤沢薬品との合併プロジェクトに中核メンバーとして参画し、新社アステラス創生を実現する。その後、米国駐在を経て、同社執行役員経営企画部長に就任。2009年からアジア事業本部長としてアジアオセアニア事業を統轄した。2015年に医薬品卸大手の東邦ホールディングスに入社し同社の執行役員として海外事業進出をリードした。2016年に大日本住友製薬(現住友ファーマ)に入社。主に米国事業を担当し2020年に同社米国子会社の会長としてオペレーションの管理業務統括を行った。2021年4月より現職。