NEXT Stage Oncology

がん診療データベースシステム

NEXT Stage Oncologyは、医療機関において林立する診療科独自のデータベース(通称:医局DB)を高度化した、新たなデータベースシステムです。電子カルテ等の医療情報システムから連携された多種・多量のデータを、NEXT Stage Oncologyの構造化サポート機能により使いやすいデータへ変換し、保管します。NEXT Stage Oncologyは医師のデータ収集・利用における負荷を軽減しながら診療や医学研究のスピードと質の向上を実現します。

利用方法

診察後に電子カルテのデータをNEXT Stage Oncologyへ入力します。血液検査等の構造化データはボタン一つで連携され、テキストや放射線/病理レポート等の非構造化データはNEXT Stage Oncologyに貼付後、入力支援機能を使ってスムーズに構造化していきます。

様々なデータ構造化支援機能

DWHから引き出せる情報(薬剤投与歴や入退院情報、生存情報など)については、自動で更新することが可能です。これにより、例えば生存情報を確かめるためだけにカルテを開く、といった作業から開放されます。DWHから引き出せない情報についても、NEXT Stage シリーズならではの入力支援システムにより、データベース作成の負担を軽減していきます。

医療データ利活用のサポート機能

データベースに適切にデータが入力されていれば、アウトプットは自由です。がん登録、C-CATへの登録、各種学会への登録、自己執刀例の把握、修練医の状況把握など、色々な場面で活躍することでしょう。医事部門・経営部門による統計にも役立てることと思います。
構造化データベースを通常の表計算ソフトなどで利用可能なものに落とし込むには工夫が必要です。せっかく医局DBにデータは入っているのに、検索の足掛かりとして利用するばかりで、直接統計処理ソフトなどへ移行できていない先生もいらっしゃるのではないでしょうか? 我々は製品導入後も、ユーザー様のご要望に応じて、出力形式のカスタマイズのお手伝いをさせていただきます。

医療データ利活用例

  • 患者把握

  • 医学研究

  • 資料作成

  • レジストリ登録

  • C-CAT登録

  • 全国がん登録

  • 集患戦略立案

  • 各種指定の基準値把握

NEXT Stage Oncologyの優位性

当社には現役かつ経験豊富な臨床医が多数在籍。製品の使いやすさはもちろん、病院事情を踏まえた購入・保守のしやすさも追求しています。「他社のデータベースを検討したことがあるが、経費が膨大になる」「業者にデータベースを作ってもらったが、保守点検に費用がかさむ」などの悩みをNEXT Stage Oncologyが解決します。

研究活動への伴走実績

研究に精通した医師がEDC構築をリードし、OCRやCSVデータインポート等、研究ごとに最適な機能を構築しています。多くの学会、医療機関より臨床研究用EDCの構築を受注しています。
詳しくはサービスページをご覧ください。

受注実績(一部紹介)

ECMO net
CRISIS (重症新型コロナ患者ダッシュボード) 設計・運用
CRISIS関連前向き多施設研究 EDC構築 (10研究)

日本救急医学会
てんかん重積に対するレベチラセタムとホスフェニトインの有効性の比較
多施設前向きRCT (代表機関:筑波大学附属病院) EDC構築
(jRCTs031190160)

日本救急医学会主導研究
敗血症の長期予後・PICS調査 ILOSS study
多施設前向き研究 EDC構築
※この他にも複数の各学会、医療機関より受託しています。

EDC構築運用サービスへ

大病院へのシステム導入実績

救命センタークラスの大病院救急外来に特化したシステム「NEXT Stage ER」を全国で導入しています。多忙な臨床現場におけるカルテ入力業務支援と研究支援を両立する統合プラットフォームとなっています。
詳しくは製品ページをご覧ください。

NEXT Stage ER製品ページへ

本製品についてのお問い合わせ

お問い合わせ内容 *

選択してください

ご連絡担当者様 お名前 *

病院名/会社名 *

メールアドレス *

本文 *

SEND