ニュース

【イベント情報】マレーシアで開催中の「WACEM22 and TOPCOM22」に弊社の海外事業責任者の岩元が登壇しました。


2022年11月14日〜18日にマレーシアのクアラルンプールでハイブリッド形式で開催中の「WACEM22 and TOPCOM22」に、弊社の海外事業責任者の岩元がWACEM22から招聘を受け「マレーシアの三次救急病院における救急医療DX実証プロジェクト」をテーマに登壇しました。


登壇動画(YouTube)はこちらよりご覧いただけます。

・講演者:
岩元 祐太(長崎大学大学院Master of Tropical Medicine 修了、救急集中治療医師)

2016年より、国際NGO Médecins Sans Frontières, JICA, World Health Organizationで臨床医、疫学専門家、プロジェクトマネージャーとして国際保健に携わる。フィリピン、イエメン、スイス、イギリス、南スーダン、ナイジェリア、インドネシア、カメルーン、エルサルバドル、スーダン、中央アフリカ、アフガニスタン、コンゴ民主、ハイチで活動。2022年より、TXP Medicalの海外事業責任者。

・演題 :
DX Demonstration Project in Emergency Medicine at Tertiary Care Hospitals in Malaysia

・日時 :
11月17日(木) 13:40 – 14:00(MYT)

WACEM(The World Academic Council for Emergency Medicine)は、救急医療に関わる教育者、研究者、臨床医、研究機関を集めた学術組織であり、科学としての救急医療を推し進めることをそのミッションとしています。2015年より世界各地でWACEM年次大会が開催されており、今回はマレーシアでの開催、またTOPCOM (Table Top Exercise & Communication in Disaster Medicine)との共催となります。

弊社では、日本の自治体、病院を対象に提供してきた救急医療システム(NSERシリーズ)を現地向けにローカライズし、インドネシア・マレーシアにて実証事業を開始しており、経済産業省・厚生労働省を始めとした国際展開のための補助金事業にも複数採択されております。

弊社は、日本の質の高い救急医療を海外へ輸出すべく、世界中の国で必要とされる社会インフラとしての救急医療システムを再構築し、それを通して患者アウトカムを向上させていき、日本のみならず東南アジア諸国を始めとして、世界中で、「医療データで命を救う」を実現させるべく邁進してまいります。


・参考(過去プレスリリース):
TXP Medicalのマレーシア事業が経済産業省および独立行政法人日本貿易振興機構による「日ASEANにおけるアジアDX促進事業(第三回)」に採択!

TXP Medicalのインドネシア事業が経済産業省、Medical Excellence JAPANによる「令和4年度ヘルスケア産業国際展開推進事業」に採択!

TXP Medicalのインドネシア事業が厚生労働省、国立国際医療研究センター「令和4年度医療技術等国際展開推進事業」に採択!

・WACEM22:
wacem22.com

本件に関するお問い合わせ先
TXP Medical株式会社 海外事業部
お問い合わせフォーム

ALL NEWS