NEXT Stage CONNECT

システム概要

『NEXT Stage CONNECT』は、医療機関間の転院時に生じる電話による情報伝達の非効率や課題を解決するための転院判断に必要な情報の統合プラットフォームです。

電話での患者情報の伝達からデジタルでのシェア・可視化へのシフトにより、迅速性・正確性を強化。単純な受け入れ可否の判断だけでは実現できない、適切な搬送フローを確立します。

システムの特徴

現在の電子カルテはセキュリティやカスタマイズの汎用性から、外部のインターネットへはつながっていないオンプレミス型(院内サーバ設置型)が主流となっています。このため、電子カルテから直接データを外部に送信することはできません。

『NEXT Stage CONNECT』は電子カルテからOCR(Optical Character Reader、光学的文字認識)で読み込んだテキストデータ・検査データ、診断に重要な画像データをキャプチャし、専用のアプリを利用して受け入れ先へ電子的に送付します。データは標準化され、自動で紹介状も作成されます。

NEXT Stage Connect_picture
NEXT Stage Connectは、転院判断に必要な情報の統合プラットフォームです。

NEXT Stage CONNECTの機能概要

・画像情報連携

転院意思決定のKey画像を搬送先病院に共有可能
PACS連携ではなく画像共有のため、安価な製品コストを実現

・重症・周産期・小児事例の救急転院搬送

重症ECMO搬送、周産期、小児患者などあらゆる転院搬送が対象
自治体の地域医療計画に則ったシステム

・OCR機能

電子カルテテキストやお薬手帳をOCRにより自動取り込み
転院患者の情報記載時間を大幅削減

・紹介状自動作成(開発中)

LLM(大規模言語モデル)活用による紹介状の自動作成を実現
個人情報をマスクした上での処理実施も可能

・電子カルテへの反映

QRコード読み込みによるオフラインの電子カルテへの反映
重複記載業務を大幅削減

NEXT Stage CONNECT 使用イメージ

<転院情報受け手側のイメージ>

・カルテテキストのOCR機能
電子カルテを写真撮影することで、SOAP記載をテキスト情報として読み取ることが可能です。またボタン一つで紹介状の印刷まで行えます。

・重要所見の画像添付
画像添付はPACS連携ではなく、キャプチャ画像で実施します。
転院搬送と判断したKey画像の連携が低コストで実現可能です。

NEXT Stage Connect_picture_2

<転院情報受け手側のイメージ>

・転院搬送判断の迅速化
送り手からの電話連絡の際、すぐに画像や現病歴・既往歴・人定情報が確認でき、判断の迅速化が可能。

・QRコード読み込みによる電子カルテ転載
QRコード読み取りで、送信情報のオフラインの電子カルテへの転載(あらゆる電子カルテベンダーに対応)が可能、カルテ記載時間の大幅な短縮が見込めます。

NEXT Stage Connect_picture_3

解決したい課題

医療機関間の転院時、緊急の状況や情報の不足により、患者情報の正確な把握が難しく、適切な搬送先を見つけるまでの電話連絡が繰り返されるなどの非効率が生じていました。特に、画像情報の共有が難しい点も大きな課題でした。

『NEXT Stage CONNECT』は、デジタル技術とAIを活用してこれらの課題を効率的に解決し、正確な臨床情報を効率的に伝達することで、単純な受け入れ可否の判断だけでは実現できない、適切な搬送フローを確立します。

転院搬送システムのメリット

・効率的な情報伝達と連絡
従来の電話による情報伝達の手間や時間を大幅に削減します。医療従事者は、候補の医療機関に対して、画像情報を含めた詳細な臨床情報を通知することができ、これにより、より正確な患者の臨床情報が転院先に伝達され、結果としてより早く適切な転院先選定につながります。

・紹介状の自動作成による業務負荷の軽減
カルテの記載と紹介状の記載の二重業務をなくします。電子カルテから必要な情報を抽出して自動で紹介状を作成することにより、従来の手作業による紹介状作成の手間や時間が削減されます。

本製品についてのお問い合わせ

お問い合わせ内容 *

選択してください

ご連絡担当者様 お名前 *

病院名/会社名 *

メールアドレス *

本文 *

SEND