ニュース

7月10日Claris Road Show 2024 OSAKAに弊社代表医師 園生智弘が登壇します

2024年7月10日(水)グランキューブ大阪 (大阪府立国際会議場)にて開催のClaris Road Show 2024 OSAKA に、弊社代表医師園生が登壇します。

Claris Road Show 2024 OSAKA は参加費無料、事前登録制のビジネスの問題解決に取り組む方々のためのイベントです。
皆さまのご参加をお待ちしております。

FMOSAKA

また、TXP MedicalではFileMaker開発のサービスエンジニアの求人募集も行っております。最新技術も活用した医療DXにご興味ある方はぜひご応募ください!
https://herp.careers/v1/txpmedical/TtsE9IBTADEg
https://twitter.com/ClarisRSJP/status/1805044370808132029


Claris Road Show 2024 OSAKA
■日程 :7月10日(水) 12:20 -13:10
■会場 :グランキューブ大阪 (大阪府立国際会議場)
■費用:無料
■L-3ランチョンセミナー
※お弁当は入室時に先着順で提供されます。お弁当の数には限りがありますので、お弁当を受け取れない場合があります。あらかじめご了承ください。また、事前登録が満席でも、当日の入場が可能な場合があります。
■申込み:eventregist.com/e/crs24osaka?utm_source=website&utm_medium=website&utm_campaign=CRS24Osaka

<講演者>TXP Medical 株式会社 代表取締役 医師 園生 智弘
Claris FileMaker × 生成AI 医療現場における可能性

TXP Medical では、生成AIの登場当初から本技術に着目し、生成AIを用いた医療システムの開発と社会実装に着手している。あくまで医療現場視点に立脚し、Claris FileMaker ならではの短期サイクルのアジャイル開発を繰り返すことで、現場に高い価値をもたらすアプリケーションを最速で現場に届けることを目標としている。
生成AIが価値を発揮するシーンは医療分野では限りなくあるが、当社では急性期医療で特に重要度の高い下記のようなシーンを想定した技術開発を進めている。本セッションではこれらの生成AI技術を実際に Claris FileMaker のアプリケーションと連携させて開発した各種デモの披露を行いつつ紹介していく。
① 医師や看護師、また救急隊の切迫した現場での音声入力~データ正規化~記録作成を支援するシステム
② 電子カルテ等のテキスト医療情報を抽出し、紹介状や退院サマリーなどの文書作成を自動化するシステム
③ 電子カルテ等の非構造化テキスト情報からレジストリや臨床研究の実施に則した形でデータを自動で構造化抽出するシステム
このようなシステムは、医療現場に革新を起こす可能性を秘めている。
一方で、Claris FileMaker を用いたprototype開発の先に、実際に社会実装可能なシステムとするためには、多くのハードルが存在する。具体的には、医療情報の安全管理ガイドラインへの整合性、アプリケーション実証フィールドの獲得、生成AI技術の比較と選択、生成AI技術の利用料を考慮したアプリケーション価格の設定などが挙げられる。自社での研究開発やフィールド展開事例を通じて、これら複数の課題に対するアプローチと現在地に関しても情報提供をおこなう。

セッションで学べること
医療DXが医療従事者と患者にもたらす価値
医療DXにおける生成AIの位置付けとユースケース
生成AIを組み合わせたアプリケーション開発の手法とハードル
こんな方におすすめ
急性期医療に従事する医療従事者
急性期医療に関わるサービス開発を目指す開発者
生成AI技術の具体的な医療応用について知りたい方

ALL NEWS