セルフ問診システム

システム概要

患者様が救急外来受診前、あるいは外来待合室で、ご自身のスマートフォン・タブレットを用いて病状等を入力することができるシステムです。

システム詳細

◆ 外来待ち時間の短縮
患者様に来院前あるいは待合室でスマートフォン・タブレットを用いて事前情報入力してもらうことで、院内問診に要する時間が短縮され、看護師の業務負担軽減、患者様の待ち時間短縮が実現されます。

◆ 問診項目のカスタマイズ
問診項目は、病院様の要望に応じて追加および文言の編集が可能となっております。(一部制約あり)。これにより、病院の特色に合わせた問診システムとして患者サービスの向上を実現することができます。

◆ 電子カルテへの取り込み
問診結果をQRコードに出力し、QRコードリーダーで電子カルテ端末上のNEXT Stage ERに取り込むことが可能です。ネットワーク連携を行う必要がないため、きわめてセキュアかつ安価な連携方式となります。事前問診情報をカルテに取り込むことにより、医療者によるカルテ記載に要する時間の削減を実現します。

*covid-19対応セルフ問診システム*
本機能の拡張で、covid-19疑い患者様には、別室から完全非接触で問診を行うシステムもご用意しております。COVID-19の感染拡大の防止と、個人防護具の節約につながります。

導入フロー

お問い合わせ

WEBサイトからお問い合わせください。担当者からご連絡いたします。

01

システム説明会

NEXT Stage ERのシステム説明・システムデモを通して、貴院の課題をヒアリングし、貴院のオペレーションに沿った最適なプランをご提案いたします。

02

発注・開発・導入

発注後2-3ヶ月でカルテ連携の開発を含めて納品可能です。

03

サービス利用開始

導入後複数回の訪問・説明会・要望対応を行い、運用定着まで支援します。運用開始後の要望対応に関しても、救急医・看護師のチームでヒアリングを行い、追加費用をいただかず対応いたします。

04

本製品についてのお問い合わせ

お問い合わせ内容 *

選択してください

ご連絡担当者様 お名前 *

病院名/会社名 *

メールアドレス *

本文 *

SEND

TXP Medicalでは日本最大規模の医療情報データベースをもとに、
お客様ニーズに沿った詳細なデータ分析などにご協力することが可能です。

また、弊社サービスを利用する医療機関にて、急性期治験・臨床試験の患者リクルートや、
医療現場で普段使いされる医師向けアプリケーション開発などのソリューションも提供可能です。