私たちの思い

わたしたちTXPが変えたいもの。
それは救急医療の現場そのもの、そして社会です。
その起点となるのは、「医療データ」。

わたしたちは救急の現場から、医療のための「コネクテッド・データ」を紡ぎ出します。
現在、電子カルテなどで各病院ごとに独立し、分断している医療データ。
それをつなぎ、「コネクテッド・データ」をつくり出すことは
医療連携を促進し、救急、一般の垣根を超えて、
患者さんごとの情報を持って、より適切に処置が行えるようになります。

わたしたちは救急の現場から、社会のための「コミュニティ・データ」を紡ぎ出します。
救急はまた、社会で起こる突発的な医療事象をすべて受け入れている場所。
各診療科などに紐づいておらず、ほぼ全ての患者さんは初診。
そんな救急医療の現場に特化してデータを集めることは、すなわち、生の臨床データを源泉から汲むこと。
社会と医療の実像を映し出した信頼性の高いこのデータによって、
より奥行きのある立体的な「コミュニティ・データ」が見えてくるのです。
それらを活用することで、研究や治験はもちろん、保険や医療行政などにも確かな変革をもたらすことができます。

分断された医療データを統合し「コネクテッド・データ」をつくリ、救急の現場をより良くする。
同時に、救急の現場以外では得ることのできない貴重な「コミュニティ・データ」で日本の医療と社会にイノベーションを起こしていく。

救急を入り口に、日本にまだない価値あるデータを創り、救急そのものも、社会も変えていく。
それがわたしたちTXPの事業です。

TXP Medicalでは日本最大規模の医療情報データベースをもとに、
お客様ニーズに沿った詳細なデータ分析などにご協力することが可能です。

また、弊社サービスを利用する医療機関にて、急性期治験・臨床試験の患者リクルートや、
医療現場で普段使いされる医師向けアプリケーション開発などのソリューションも提供可能です。